マイナンバー管理業務のBPO

マイナンバー制度が開始され住民票住所に通知カードが送付されています。企業では社会保険の申請や税金の書類作成などにマイナンバーが必要になります。
行政ではこれまで行なっていた申請処理や確認処理がマイナンバー制度によって、より簡単に確実に行われるようになり、作業が効率化されることになります。

しかし企業にとってはこれまで管理していなかった内容となります。
個人の住所や氏名などの個人情報は管理していましたが、マイナンバーは特定個人情報に当たるため、その管理についてもより厳格に安全管理措置が決められているのです。

マイナンバーの収集代行の総合案内サイトです。

番号を集めて管理をすることはもちろん、従業員が退職すると記録の抹消まで必要になってきます。

情報が漏洩しないようにするため、システムの管理まで含めた運用が必要になってきます。

ビジネスジャーナル

企業で対応するためにはひとつの業務フローとして対応する必要があり、ノウハウがなければ仕組みを作ることが難しいのです。



一方でマイナンバーを収集、管理といった業務を専門に取り扱っている業者もあります。


専門の業者へアウトソーシングを行う方法をBPOと言います。


ビジネスプロセスをアウトソーシングするためBPOと言いますが、業務の流れそのものを委託するのです。業者はノウハウを持っているので、より効率的に運用することができるというメリットがあり、またBPOの場合は法改正などがあった場合も迅速に対応することができるというメリットまります。